希望する職業タイプによって転職サイトを使い分けるべし!

 転職活動をする際、まずは手軽に登録できる転職サイトにいくつか登録をする人は多いでしょう。一般的な転職サイトは無料で利用できることが多く、転職希望者には強い味方になってくれます。

 

 しかしながら、むやみに転職サイトに登録しても、メルマガがやたらと届くようになり、本当に必要な情報が埋もれてしまう恐れがあります。どのサイトが良いのか、というのは人によって異なる為に一概には言えません。自分の転職活動のスタイルに合わせて、使い分けるのが得策です。

 

 例えば、女性の転職には、女性の転職@type、とらばーゆ等がおすすめです。女性に特化した転職サイトなので、基本的には女性向けの求人となっており、希望の求人が見つかりやすいです。また、求人記事も、周辺環境、食堂の有無、女性社員の割合など、女性が気にするポイントをうまく伝えてくれています。

 

 IT系転職でしたら、IT転職ナビ、Green等が有名です。業種に特化した求人はなかなか探しづらく、特にIT系は詳細なスキルのマッチング等も必須になってきますので、これらのIT転職サイトは、キャリアシートが充実しているのも特徴です。

 

 外資系企業に絞りたいのであれば、JAC・キャリアクロスなどが強いようです。ただし、ハイクラスな求人の扱い多いため、難易度が高いものも多く一般事務などを希望する場合は向かないかもしれません。

 

 一方で、とにかく幅広く、色々な求人を数多く見たいというのであればやはり、リクナビ、マイナビ、DUDAあたりに登録していればはずれはないでしょう。

 

 どういった転職をしたいのか?自分が希望する業種・職種はなんなのか?ということをしっかり自己分析し、自分にあった転職サイトに登録することで、転職活動をスムーズに進めることができる可能性が高くなるかもしれません。

 

 

関連サイト
50代が転職・再就職を成功するコツ
50代からでも転職は成功はできる。

更新履歴